« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

パイオニアになります。

僕は来年1月に路上で似顔絵を描いて

勝手にプレゼントをする新たな挑戦を試みるのですが、

普通に似顔絵師としてやるのでは通行人の気を惹けるかまだ弱いかなと思い、


普通ではない似顔絵師を演出する必要があると思って

『日本一似てない似顔絵師』ってのをやろうと思って、

それを肩書きにしてる人をネットで検索してみたら、見つからなかったので

僕、やろうかなと思ってます。

(もし、既にやられてる方がいたら教えて下さいm(__)m)

なので来年1月の路上では

『日本一似てない似顔絵師』の看板を持って活動します。
_20160515_025859
_20160515_025735
この目的は“通行人の関心を少しでも抱いてもらうこと”なので

似顔絵のクオリティが低いから逃げてるのではなく、

それを長所に変える僕なりの差別化なんです。

実際に1月に実験したいと思います。



-------------------------------------------------------
《SNS情報》
Twitter→https://twitter.com/hanikami_31 (@hanikami_31)
☆☆YouTubeにて動画公開中!☆☆
YouTubeにて『はにかみミィちゃん』で検索!

2016年12月25日 (日)

路上で似顔絵を描きます!

来年のお知らせです!

新年早々、路上で似顔絵を描きます!

201701_rojou

なぜ似顔絵を描くのかは、前回のブログ記事に載せてます。
http://tn22-100905.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-5458.html

新たな取り組みに緊張とワクワクでいっぱいです。

絵本を持ってる方でも遊びに来て欲しいです!

よろしくお願いします!



-------------------------------------------------------
《SNS情報》
facebook→http://www.facebook.com/naoki.tachi.3
Twitter→https://twitter.com/hanikami_31 (@hanikami_31)
☆☆YouTubeにて動画公開中!☆☆
https://www.youtube.com/channel/UCysS7FrrNxuldRZevZzqdBg
YouTubeにて『はにかみミィちゃん』で検索!





2016年12月18日 (日)

『似顔絵師きどり』作戦

Dsc_0479
今年の夏から東京に出向いて路上(北千住駅前)に立ち、

『はにかみミィちゃん』の路上活動を行ってきましたが

未だに誰一人も立ち止まってもらえず、僕はずっと頭を抱え込んでいました。

ずっとそれについて考えていて、寝る前も、電車の中でも、仕事中も

ずっと「どうしたら立ち止まってもらえるのか?」その方法を深く省みていました。

そもそも、路上で活動する僕の立つ場所は、

イベント会場ではなく、公の場なので

僕の作品に興味ない事は大前提だし、

皆さん忙しいので、脇目も振らず通り過ぎ去る人達ばかりです。

でも何かしら方法はあるはずだと

ずっと考えて考えて出した方法は


『タダで似顔絵を描きます!』という似顔絵師きどり作戦です。

なぜ、似顔絵かと言うと

自分に関わる事や得する事なら、多少は興味を持って貰えるのではないか?と。

例えて言えば、

駅前でポケットティッシュ配りをするアレです。

ただ宣伝したいチラシを配ってるだけでは

貰う人達は多くは無いですが、

ポケットティッシュを抱き合わせる事により

通行人は「ポケットティッシュなら貰ってもいいか」となります。

決してチラシ欲しさの目的で貰うことは無いですが。

今の僕には、この“接触するきっかけ”が欲しいのです。

そして、もし路上で僕の目の前に立ち止まろうとする人がいたら、

僕が「よかったら無料で似顔絵を描きますけどどうですか?」みたいなことを

その人に声を掛けます。

そんな具合でベストな流れを下に記しました。

これが一番理想の流れです。

↓↓↓↓↓↓↓


通行人(僕の前で立ち止まろうとしている)


たち「似顔絵を無料で描きますよ~。どうですか?」


通行人「無料でやってるんですね~。お願いします。」


たち「色は使わずマジックペンだけで描きますので、3分程お付き合いお願いします。」


通行人「はい、お願いします。」


たち「その間にこの絵本でも見ていて下さいっっ!!!」


通行人「あっ、ありがとうございます。」

ってな感じで

ここで重要なのは

似顔絵のクオリティではなく

待たせてる時間に絵本を読んでもらうこと
なんです。

日本人は“知らない人との沈黙の時間”を嫌がる人が結構いますし、


あえて僕からも話をしないつもりです。

心理的にも、知らない人と対面して顔をチラチラと見られる時間は

きっと好ましくはないと思うので、それを逆手に取り

相手の方に絵本を読んでもらい逃げ道をつくるのです。

この逃げ道の仕組みを思い付くのに


今日に至るまでずっと考えていました。

この作戦も実際にきどってみなければわかりませんが、

なるべく似顔絵の方も似ている絵になるように努めます。

来月の上旬にはこの作戦を実行させて行きます。


その際は、また告知します。


-------------------------------------------------------
《SNS情報》
Twitter→https://twitter.com/hanikami_31 (@hanikami_31)
☆☆YouTubeにて動画公開中!☆☆
https://www.youtube.com/channel/UCysS7FrrNxuldRZevZzqdBg
YouTubeにて『はにかみミィちゃん』で検索!

この件で、使命感みたいなのが強く湧いてきたような気がします。

先日、イベントに参加した際に
僕のブースへ来てくれた小学生がいたのですが
絵本全シリーズと特典冊子を全部読破して終始大爆笑していた子がいました。

そして昨日、その子のお母様から
フェイスブックに「絵本を買いたい」とメッセージが届きました!
_20161218_105149
_20161218_105223
僕はこのメッセージが来た瞬間、嬉しくなったと同時に
その小学生にサプライズをしようと思い立ち
サンタクロースの衣装を着て届けてあげようとしたのですが
(この時期の宅配ピザ屋さんを意識して)
お母様のご要望で普通に郵送で届けることになりました。

イベントの日から結構時間が経ったけど
今も飽きずに気に入って貰えてるのは本当に嬉しい。
メッセージに「家でもYouTube観てる」とか
「思い出して笑ってる」とか本当に嬉しすぎます!

まだまだ僕は『はにかみミィちゃん』のファンが少ないので
感想や応援メッセージを直接貰うことは多くはありません。

でも、この件で
自分の知らない所で話題にして楽しんでもらえることを知って
僕の心がちょっと湧きました。


ますます次回作の制作意欲が湧いてきました。

そして、さらに喜んでもらえる作品になるよう全力で取り組んでいきます!

本当にありがとうございます!!!

これからもミィちゃんとたちなおきを
よろしくお願いします!

M1070001

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »